トップページ >  > ノンナノ(非ナノ)のミネラルファンデーションが選ばれる理由は?

ノンナノ(非ナノ)のミネラルファンデーションが選ばれる理由は?

▼なぜ、ナノ粒子はいけないの?


ミネラルファンデに含まれる酸化チタンや酸化亜鉛は活性酸素を放出するといわれています。そんな酸化チタンや酸化亜鉛をナノ粒子にすると、【角質層まで浸透する可能性も出てくるのではないか】ということが懸念されているのです。


【活性酸素は肌の老化を早める】


では、活性酸素が肌に浸透するとどうしていけないのでしょう?実は、活性酸素はメラニンの生成を活性化させるので、シミの原因となってしまうのです。また、肌の老化を早めるので、肌が乾燥しやすくなったりしわができやすくなってしまうこともあります。


ノンナノ(非ナノ)のミネラルファンデが選ばれるのは、肌を老化させないため!

ノンナノ(非ナノ)のミネラルファンデーションでおすすめは?

▼どうしてナノ粒子を使うの? 活性酸素を放出するのに、どうしてファンデにナノ粒子を使うのでしょうか。その答えは「ダマになること」「白浮き」を防ぐためです。粒子が大きいとダマになってムラになったり、白浮きして仕上りがいまいち。もちろん、ムラになるとUVカット効果も半減してしまいます。

ノンナノでおすすめは「エトヴォス ミネラルファンデーション」

 全ての成分がノンナノ(非ナノ)
⇒ ナノ粒子を使用していないので、角質層に浸透する心配はなし!

 酸化チタン・酸化亜鉛を特殊コーティング
⇒ 水酸化アルミニウムとステアリン酸でコーティングしているので、活性酸素の放出を防いでくれる!


ディアミネラルファンデーションはナノ粒子を使用していないだけでなく、コーティングすることで活性酸素の放出そのものを防いでいるので、ほぼ完璧に対策してあるといっても良いですね。


ナノ粒子不使用+特殊コーティングで活性酸素を防ぐ
唯一のミネラルファンデーション

目的に合わせてミネラルファンデを選ぶ!